野望とコンセプトみなさんに提案技術たくわえ処お役立ち情報お問合せ掲示板サイトマップ
HOME更新状況仕事のこだわり事例、お客様サポート商品一覧とご注文お友達リンクお問合せ

トップ技術たくわえ処TOP

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< Panasonicがマイクロフォーサーズ対応のレンズ交換式ビデオカメラ | main | インターネットテレビ >>

ATOK PadとiPhoneとbluetooth

なぜかiPhoneを使用する人が増えているような気がしています。電車に乗って周りを見回してもそうですが、音楽聴きながら片手で操作をする人が目立ちます。自信のフィルターがかかっているともいいますが。(*^_^*)

そして折りたたみキーボードを手に入れた今では、ほとんど不自由なく、しかも印刷さえもコンビニにメールするだけで可能となりました。

充実度があがっていくと目立ってくるのが、文字入力の精度。
iPhone標準のFEPも惜しいのですが、まだまだ道半ばというところ。

今回、ATOK Padを使ってみて思うのは長文を書いても全く苦労しないこと。やはりメーカーの本気度が違います。

特にFEPというまさに国の文化を扱う分野においては、日本人が作る日本人のためのツールという精神が企業競争で最後は勝つのだと思いました。appleに日本人がいないわけではありませんが、今度は経験と技術の蓄積、生き残りをかける意気込み というかハングリー精神が結果を左右するのだと思います。

さぁ、果たして苦肉の独自アプリを抜け出しiPhoneの本丸でのFEP選択肢としてポジションを勝ち取ることが出来るか、apple社の大人の対応を期待したいものです。



以下自分の為の防備録として
技などを書いておきます。

今回、ジャストシステムサポートではNGとされるBluetoothキーボードを試してみました。

確かに挙動がおかしい事は事実ですが、いろいろ試し自分なりの逃げ道を発見。2つのFEPと登録辞書が同時に使える技を発見しました。なぜかenterを最初に押さないと広く使えませんが、ATOKの候補を選択するにはtab、戻すのはbsキー、iPhone使用するにはspaceが良さそうです。

ここまで書いて、必殺技を見つけました。というか基本的なことを忘れていました。cmd押してEnglishのみとし、日本語キーを解除すれば、ATOKだけを使用する事が出来ました。半角スペースは[opt](alt)これで一つに集中して出来ますね。物書き商売増えそう。でもアンドゥやその他便利機能は使えず。・・・

04 プレゼン極める | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://prezen.jugem.cc/trackback/336
この記事に対するトラックバック
Pagerank/ページランク
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>